ニュース

2008年5月13日 (火)

八ッ場ダム

久しぶりに時事ネタなんぞを。

上毛新聞のサイトで下の記事を見つけまして、1週間後に消されてしまうので、勝手に無断転載しています。ごめんなさい。

長野原町の皆さんにとっては、「いまさら中止になっても。」って気持ちもあるかも知れないし、すでに町を出てしまった人の気持ちは、もっと複雑かもしれない。

でも、今からでも遅くない。中止してもらいたい。

代替地の用意を遅らせて、住民が待ちきれずに町を出て誰もいなくなって、結果的に代替地の振興策とそのための予算が縮小になるのを待ち望んでるようにしか見えないし。
その一方で、工事費は計画を出しなおすたびに億単位で膨れ上がる一方だし。

ダムそのものの目的が不透明だし。

ダムの存在自体が腹立ちます。

自民党は、道路とおんなじで作りたいんだよね。作る事が一番の目的なんだもんね。

八ッ場ダムについては、いつも『八ッ場あしたの会八ッ場ダムを考える会』のサイトをみています。


<以下、上毛新聞のサイトから>

●6都県議、「八ツ場」検証
 長野原町での八ツ場ダム事業を問題視する本県と東京、千葉、埼玉、茨城、栃木の六都県の都県議は「八ツ場ダムを考える一都五県議会議員の会」の設立総会を十九日に東京都内で開く。本県の非自民系県議が呼び掛け、五十人以上が参加する見通し。事業費を負担する下流都県議が連携し、八ツ場ダムの治・利水の効果や安全性などを検証する。

 二月に発足した「八ツ場ダムを考える県議会議員の会」(十四人)が中心となり、全都県議約五百人に参加を呼び掛けた。栃木を除く五都県は事業費を負担している。

 県議の会は①治・利水上の必要性に疑問がある②各都県民に大きな負担を強いる③水没予定地住民の負担が大きく、生活再建が極めて困難④事業費が今後さらに増額する恐れがある-などを問題点として挙げ、群馬県議会だけでなく関係する各都県議の連携が重要としている。

 設立後は、これらの問題点を検証し、一都五県議会で負担内容などについて執行部に統一の質問をしたり、現地視察などを行う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年9月 6日 (木)

ダイアナ・最後の瞬間未公開監視カメラ映像

フジテレビが明日、放送するらしいですよ。

ふ~~~~~ん、

いったい、この映像にいくら払ったんだろう。

こういう映像を買って流すやつがいるから、パパラッチが存在できて、ダイアナさんを死に追い込んだんでしょ。

事故の直後なら絶対に流せない映像だよね。
パパラッチが散々非難されてたしね。

10年経って、外堀冷めたころあいを見計らって、こういう映像を流す神経を理解できないよ。

公共性だの公共の電波だの国民の知る権利だの、なんだかんだ言いつつも、テレビ局って倫理観が欠落してるんだろうね。

そんな番組、見たいと思わないねちっ(怒った顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 1日 (金)

日テレ

23時からの日テレのニュース番組で

ジュゴンの水中での長時間撮影に成功したと喜んでいた。

VTRの中のジュゴンは、姿が見えたと思ったらUターンしてしまい、止まることも振り返ることもなく消えていった。

その光景をナレーションは、「去っていった」と表現していたが、僕には、「人を見つけて危険を感じて逃げて行った」ようにしか見えなかった。

絶滅危惧種に指定されているジュゴン。

かつては、沖縄本島や宮古島周辺全域に生息していたのに、今は、極限られた水域でしか生存が確認されないらしい。

しかも、陸上の開発によって生みに赤土が流れ込んで餌になる海草が減っていっているんだって。

限られたところでしか生息できないジュゴン。
せっかくの棲家にとつぜん人間が入り込んできてさぞかし驚いただろう。

もし、あのジュゴンが同じ場所に戻ってくることがなかったら、どうすんだろうか????

野生動物の生活圏(テリトリー)を守ることは、大事なんじゃないのだろうか。

水族館にもジュゴンは、いるのに。。。もうやだ~(悲しい顔)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年1月25日 (木)

採用条件=フリーター

なんだかね。
仕事なんていくらでもあるじゃん。
新聞には、毎週、求人ジャーナルやアイデムの求人広告が入ってくるし、コンビに行けばフリーペーパーで沢山社員募集してんじゃん。
就職できないんじゃなくて、わがままや贅沢言って、就職しないんだろ。
自分でフリータを選んだんじゃん。
「やりたいことが見つかるまで就職しない」とか分けのわかんない事言って逃げてたんだろ。
フリータって言葉が流行って、流行に乗ってカッコつけてたんじゃねぇの。

俺の友達にも学校卒業した後、フリータになった奴が何人かいるよ。でも、そいつらもちゃんと自分の力で仕事見つけて頑張ってるよ。

国がわざわざ採用してやったら
嫌な仕事も我慢して頑張ってきた奴がバカみたいじゃん。

ちなみに、俺、今、34歳。対象年齢のど真ん中。
庁舎のシステム管理やらせたら即戦力の俺には、応募の権利ナシ。

30代後半で高卒ならバブル全盛だぞ。
俺の時だって就職難は始まってたけど、『就職氷河期』っていえるのは俺より2年後あたりなんじゃねぇの。

実務経験ゼロでも年齢給は、出るんだって。
税金の無駄遣いじゃ。
しかも、こいつらのために通常の採用枠が減るんだって。
来年の新卒がかわいそう。
本末転倒、支離滅裂。

39歳実務経験ゼロの中途職員。
どやって使うんだい。
夢と希望に満ち溢れた新卒職員と一緒の仕事させるの?
組織構造も職場の雰囲気もおかしくなるべ。

救済すべきは、リストラで本人の意思や能力とは関係なく仕事を失い、年齢を理由に再就職できない40代、50代の人たちなのではないでしょうか。

学校卒業した後も適当にバイトして、何年かしたら国のお膳立てを使って再チャレンジすればいいんじゃん、公務員になればいいんじゃん、って世の中になるのかね。

以下、読売新聞サイトからの無断掲載

フリーター支援、29―39歳限定の公務員試験実施へ
政府は、「フリーター」らに対する「再チャレンジ支援総合プラン」の一環として、2007年度の国家公務員採用試験から中途採用枠を新設する。

 17~21歳未満が受験資格の国家公務員3種試験(高卒程度、06年度は1274人採用)と同レベルの試験を今年9月、29~39歳以下を対象に実施し、計100人程度を採用する。

  バブル経済の崩壊に伴い、1990年代以降は、大学や高校卒業者の就職内定率が低迷し、「就職氷河期」と呼ばれる時期が長く続いた。政府は、この時期に就 職活動をした現在の30歳代には、定職に就けなかったため、自分の意思に反してフリーターとなった人が多いと分析。フリーターに限定した国家公務員の中途 採用の具体策を検討してきた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年12月23日 (土)

ぐんぐ~ん♪

♪向こうの山から麦畑越えて
 お日様、お日様、やってくる
 みんな元気にぐんぐん
 どの子も元気にぐんぐn
 ぐんぐんぐんま幼稚園
 ぐんぐ~ん♪

えっと、我が母園の幼稚園の園歌です。
先日、その幼稚園の園長先生がお亡くなりになりました。
この辺の子供は、小学校近くの保育園か、
このぐんま幼稚園のどちらかに行きます。
30年以上にわたり、この地域いったいの子供を預かってきた先生。すごい事です。

実は、前橋の会社のすぐそばで告別式をされていました。
ものすごい人が集まっていて、誰だろうねって話をしていたのですが、その場では、わからず。
もしわかってたらお焼香したかった。。。

俺が通ってたとき、すでにおばあちゃんだったのに
ずっと現役で頑張られていたんですね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2006年12月15日 (金)

合併バブル

いわゆる一つの合併バブル到来ですな。
伊勢崎市は、市役所も立て替えるんだとか。
合併で手狭になったんだって。
合併でスリムになるんじゃなかったっけか。
旧村町の建物もあるのにね。

借金でも何でも使える金は、どんどん使って
ジャンジャン作っちゃいましょう\(^o^)/

以下、上毛新聞サイトより無断転載(ゴメンナサイ)

伊勢崎市議会「観覧車」を委員会可決

 伊勢崎市の矢内一雄市長が市議会十二月定例会に提案した、同市波志江町の波志江沼環境ふれあい公園整備計画で建設を予定している観覧車の建設請負契約の 締結議案について、市議会建設水道委員会は十四日、全会一致で可決した。最終日の二十日の本会議でも可決される公算が大きい。

 観覧車建設をめぐっては、市議会九月定例会で建設予算を含む補正予算案が可決されたものの、建設に反対する二つの市民グループから計二万三千人を超える署名が市に提出されている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月27日 (金)

高校卒業資格剥奪?

いつの間にか15年以上も前の話になってしまったけど、
僕は、「政治・経済」も「地理」の授業も受けていないよ。
「理科Ⅰ」も受けていない。1年のしょっぱなから「生物」だった。
2年のときは、「化学」だったし。
物理に関する授業を一切受けていないのさ。

でもでも、僕の高校の名前は上がっていない。
カリキュラムが変わったのかな(^^;)???

以下、上毛新聞サイトより

県内でも必修科目履修漏れ

 必修科目を履修させなかった高校が全国で相次いでいる問題で、県内では中央、伊勢崎清明、沼田の公立三校と、高崎商科大附属、新島学園の私立二校の計五 校で未履修があったことが二十六日、県教委と県の調べで明らかになった。いずれも受験指導を優先して「公民」「情報A」などの授業を他の科目に変更してい た。対象の在校生は五校で四百七十六人に上るほか、沼田は卒業生も含まれる。卒業に向けて未履修分は各校とも補講などで対応する方針だが、生徒には不安や 衝撃が広がっている。

 県教委は文部科学省から調査の要請を受け、公立高校七十八校を対象に学習指導要領に則した履修が行われているかどうか報告を求めた。

 伊勢崎清明の単位制三年次生百九十八人と沼田の三年生百五十五人は、情報化社会に対応する授業「情報」の「情報A」を、授業名は「情報A」のままで生徒のコースによって古典や数学、化学などに充てていた。

 沼田は二〇〇三年度入学生からこうした変更を行っており、今春の卒業生には必修科目を未履修のまま卒業した生徒もいるという。同校は、卒業の取り消しなどは基本的な行わない考え。

 中央(石原保校長)は三年生三十八人が「公民」の「政治・経済」に代わり、「世界史B」などの授業を受けていた。

 いずれも県教委への報告はなく、学校の独自判断で実施したとみられる。公立三校で未履修だった科目はいずれも年間七十時間(一時間は五十分授業)分。補講や補習で対応する予定だが「場合によっては卒業後にずれ込む可能性もある」(県教委)という。

 私立高校は県学事法制課に自主的に報告。高崎商科大附属は理系の三年生七十四人が日本史、地理を履修しておらず、うち四十五人で体育を数学に振り替えた。新島学園も三年生十一人が世界史を履修していなかった。

 教育課程は毎年十一月、次年度入学生の三年間の履修計画を各校長が提出しているが、実際に計画通りに履行されているかどうかのチェックシステムはない。県教委は事実を確認した上で公立三校長の処分を検討する私立高校については各学校法人が判断する。

 県教委は生徒や保護者に説明を十分行い、生徒にできる限り不利益が生じないよう各校を指導しており、藤倉新一高校教育課長は「各学校を信頼していたので遺憾だ。生徒や保護者には大変申し訳ない」と話している。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月25日 (水)

じゃぱに~ず・いんぐりっしゅ・バンザ~イ \(^o^)/

今日、フジテレビのニュースジャパンでアジアの英語について話をしていた。

イギリスやアメリカの支配下にあったインドやフィリピンの人達は、支配者の言葉をそのまま喋るのが癪に障るから、自分たちの言葉としてアレンジして英語を使っているんだそうだ。なかには、アメリカ人とまったく逆の意味で使う言葉もあるらしい。

それに引き換え、日本は、英語教科書にアメリカ人の検閲が必ず入るんだって。イギリス人でもだめなんだって。Englishの本家本元は、Englandでイギリスなのに。戦前の学校は、イギリスの英語を教えてたらしいよ。日本の学校は、サンフランシスコ講和条約以降も支配者の言葉を教えてるんだね。
教育を通じて文化的支配を受けてるってことだよ。
安倍総理、美しい日本とか憲法制定の経緯がどうのとか言ってる場合じゃねぇべよ。

インドやフィリピン、インドネシアから来た彼らは、言っていたよ。
「アメリカ人の真似をする必要はない。」
「それぞれの国の英語をしゃべればいい。」
「ジャパニーズイングリッシュで全然いいんじゃん。」

目から鱗である。
また、英語が勉強したくなった。
アジア人の先生に教わりたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月17日 (火)

日本、核散防止条約離脱?

日本与党の政調会長が、自衛のために核を保有について議論しても良いと明言しました。
日本は、世界平和に対する氾濫分子の可能性があります。

核兵器を保有するために北朝鮮と同様に核散防止条約から離脱。
日米安保条約も破棄。当然、世界中から経済制裁を受け、食料も石油も他国に依存している日本の資源は、あっという間に底をつき、第2次太平洋戦争勃発です。
世界で唯一の核兵器被害者の日本が、他国に放射能の黒い雨の降らせる事になり、
また自らも滅亡する道を選択することが自衛なのでしょうか。

話し変って、今日のニュースステーションによれば、文部科学省の発表だと毎年、100人以上の子供が自殺をしているけど、いじめを苦に自殺する子は、皆無なんだって。
そんな訳、ねぇだろ。

教育者も政治家も支離滅裂な状態で、教育基本法を変えようってんだから危険だ。
教育基本法に「愛国心」って言葉を入れることに賛成だったけど、弱者を見殺し、その事実を社会から隔離するのが当たり前のような世の中で愛国心がどうのなんて言うんだったら、それは、確かに全体主義の始まりだし、帝国主義を連想させても仕方がない。

この国は、どうなっちまうんだ。

ザスパ草津のことを書きたかったのですが、あまりにも醜いニュースが続いたので、
こっちの話題をどうしても書かずにいられませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年10月12日 (木)

無言・脅迫電話や張り紙、朝鮮学校で嫌がらせ続発  

太平洋戦争のときに、ハワイやアメリカ本土に住む日本人や日系人が受けた迫害と同じようなことを21世紀の日本人もやるんだね。

それが人間っていう生き物なの?

ところで、北朝鮮に対する制裁強化を政府が決定しましたが、
議会で議論する必要は、なかったのでしょうか?
国民が状況を充分に理解できていないうちに、何の説明もなくこのような重大な決定がなされて良いのでしょうか?
国民の関心が高まる機会を作らずに、勝手に何でもかんでも決めて、いつのまにやら親米極右政権になったりなんてことは、ないですよね。

安倍さんの言う集団的自衛権って、アメリカの戦艦が攻撃を受けたら、日本は、攻撃が可能になるんでしょ。これって「やられたらやり返すぞ。たとえ日本が直接攻撃を受けなくったって集団的自衛権の名の下にやり返すぞ。」って言うことだ。これは、充分に近隣諸国に対する脅迫だし、恐怖による秩序維持を目指す考え方のように思えるのです。
安倍さんは、政府の独断で他国へ攻撃を可能にする理由を欲しがっているように見えるよ。

以下、Yahooニュースに掲載されていた読売新聞の記事より

無言・脅迫電話や張り紙、朝鮮学校で嫌がらせ続発  

北朝鮮の核実験実施は、在日社会にじわりと影響を及ぼし始めた。核実験実施から3日目となる11日、全国の朝鮮学校にはこれまでに脅迫や嫌がらせ電話など16件の被害が相次いでいることが判明し、学校は警戒を強めて独自の対応を取り始めた。  北海道朝鮮初中高級学校(札幌市)には、北朝鮮が核実験を実施した9日以降、「北朝鮮に帰れ」「バカ野郎」などという嫌がらせや無言の電話が計11件あったほか、東北朝鮮初中高級学校(仙台市)でも、10日に無言電話が3件あったという。  また、栃木朝鮮初中級学校(小山市)にも9日、男の声で、「子どもの安全を考えるなら休校しろ」との脅迫電話がかかってきたという。 (読売新聞) - 10月11日16時18分更新

| | コメント (0) | トラックバック (1)