« インドアトレーニング | トップページ | 第25回北軽井沢マラソン »

2009年7月 6日 (月)

v.s. 徳島ヴォルティス

土曜日に3ヶ月ぶりにスタジアム観戦してきました。
あまりに久しぶりだったので19時30分キックオフなのに、14時50分に敷島入りしてしまいました。

着いたら、陸上競技場で中学生の総体が開かれていました。
そこで400mリレーの予選を見学させてもらいました。
バトンの受け渡しに失敗して泣いてる女の子を2人見ました。
中学生3年間の最後の大会だったんだろうねぇ。
悲しいねぇ。
見てるこっちも切なくなってしまったcrying

出身の群馬中央中を見逃してしまった。
それにしても榛名中の男子は、速ぇ~。
筋肉の付き方が、まるで違う。
元群馬郡つながりなのでうれしい限り。

そしたら、すれ違いざまに「こんにちは~。」と爽やかに挨拶をする女の子。
携帯を見ていたので、まさか俺じゃないよなと思って通りすぎようとしたのだけど、あまりに声が近かったのと、声がこっちを向いてるよう感じだったので振り返ってみたら、

なんと、なんと、

一昨年の第1回自転車少年団で僕が引率したチームのYちゃんではないか!!!

いや、いや、いや、こんなところで再開するとは、嬉しい限りhappy01

翌日にハードルで出る予定なんだとか。
まだ、2年生なのに先輩を差し置いて大会に出るなんて、これまた嬉しい限りhappy01

翌日、見に行こうかと思ったが、寝坊した。。。

で、肝心の試合の話の前に、もうひとつ。

試合終了後にサポ仲間とバックスタのごみ拾いを行いました。
ごみ拾いする必要があるって事自体が信じがたい事実なんだけど、事実は、事実です。

006 007

座席の上に放置だもんね。
情けないったらありゃしない。

家にまで持って帰れとは言わないよ。

出入り口にゴミ袋を持ってゴミを回収しているスタッフさんがいるんだから、せめてそこまでは自分で持っていこうよ。
どうしてそんなこともできないんかなぁ。。。

で、試合の話。
開始10分、いまいち乗り切れない草津に積極的に攻める徳島。
草津は、徐々にペースをつかみます。
そして、廣山の低い弾道のクロスに都倉が飛び込むなヘッドで徳島ゴールにボールを押し込み先制点。
その後も草津は、積極的に攻めてました。

後半30分まで。。。

疲れが出ます。
都倉、後藤、動けません。

そこで都倉に代わって小池が出ます。

が、小池一人が動いても

足が重い草津に対し、1点を追う徳島が勢いを増して攻めてきます。
草津は、後ろの方で上手にパスを回すも前線にボールを遅れません。

明らかに徳島の方が勢いがる状態で、草津は、時間稼ぎに出ます。

逃げる足も無いのに無理です。相手の猛攻を誘うだけです。

そして85分。廣山に変わって山崎が出てきました。

意味不明gawk

この交代を「攻めろ。」というメッセージと解釈した人もいるようですが、徳島DFにしたら廣山よりも山崎の方がありがたいでしょ。
どうしたかったのでしょうか。

そしてロスタイム突入。
草津は、3枚目のカードを使いません。
それでも攻めたいのなら、桜田を前に出して秋葉をボランチでも良かったのでは。
ちんたら交代したら、より有効に時間も稼げたし。

最後の最後で何の手も打たず、徳島の入魂の一撃で同点に追いつかれ、引き分け終了。

6位の徳島と、10位の草津の差が出たねぇ。

選手は、疲れている。徳島とて、それは同じ。
だからといって選手を責められない。

そんな選手をうまくコントロールする監督の力量を僕は問いたい。

|

« インドアトレーニング | トップページ | 第25回北軽井沢マラソン »

「ザスパ草津」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/30436535

この記事へのトラックバック一覧です: v.s. 徳島ヴォルティス:

« インドアトレーニング | トップページ | 第25回北軽井沢マラソン »