« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »

2009年3月

2009年3月15日 (日)

v.s. アビスパ福岡

ついに2009ホーム開幕です。
4ヶ月ぶりの正田醤油スタジアム。

今日は、16時キックオフ、14時開場ですが、11時に前橋駅前に集結。
そこから、みんなで歩いて敷島へ向かいました。

そう言えばアビスパ福岡も「スパ」なんだね。
全然、親近感沸かないけど。

結果は、3対2で、開幕2連勝!!!!

キックオフの前に副知事さんと、前橋市長の高木さんのご挨拶がありました。
高木市長は、プリウスで颯爽と敷島に現れ、元気よく挨拶されてました。
一方の副知事さん。風邪薬を飲みすぎたのか、お酒をごっくんしちゃったのか、カミカミでなにを言ってるのか分からなかったけど、大丈夫だったのかな。

試合は、どっちが草津で、どっちが福岡なのか分からなくなるくらい終止、草津のペース。
ってか、福岡は、もうかつての福岡じゃないね。
元J1の貫禄も誇りも感じられない。
何がしたいのか全く見えなかった。

ってか、俺たちもつまらないジンクスに囚われすぎ。
絶対に勝てない相手なんていないだから。

草津もまだまだ万全じゃないから2失点は、仕方ない。
まだ序盤だし、修正すれば良いこと。

取られても取り返せたし、
得点の仕方がめちゃくちゃいい感じ。
聡太郎が2アシストだって。すごくない???

1点目は、聡太郎のセンタリングに都倉は頭を合わせただけだもんね。
聡太郎から都倉へのプレゼントみたいなパスだった。
ボールを出すのが遅いかなと思ったけど落ち着いて相手DFを交わしてふわりとファーサイドにボールが出たからね。
その落ち着き、タイミングが絶妙でした。

寛山は、相変わらずスピードがあります。
ってか、走りながらボールを受け取るから、スピードを落とさず次のプレーができるんだね。
周り良くが見えていて他の選手に合わせるように良いところ走ってくし、見方にパスがだせる。
ただ、寛山が走ってるのを周りの選手が見えていない部分があるかもしれない。
寛山ばかりにあわせる必要は、ないんだけど。
もっともっとチームがよくなる可能性がそこにある気がするよ。

寛山から聡太郎へのパスがものすごく印象的だったな。
だれもいない右サイドにノールックパス。
聡太郎もちゃんと分かってていいタイミング走ってきたシーンがあった。

高田が冴えないね。
後半、涼と交代になっちゃうし。
でも、高田がいるから都倉が活きるのは、間違いない。
このコンビは、崩せないよなぁ。
都倉&涼だと、2列目との距離が遠くなる気がする。
氏原は、何をしてるん?

都倉は、デカい体を活かしてよく動いてた。
シュートを外したときのオーバーリアクションが少なかったのがちと寂しい。

小池純輝が攻守にわたってよく頑張ってたね。
でも、まだまだできるよ。きっと。
今後に期待だ。

今日も櫻田が攻撃面でよく動いてました。
が、ディフェンシブになると反応が鈍い。
苦手なんだろうなぁ。。。

一方、今日も松下が目立ちません。
櫻田とかぶってるのかな。
動きが鈍いようにも見えるけど、DFに徹する約束になってるのかな。

攻撃のバリエーションがめちゃくちゃ増えた。
今年のザスパ草津は、どうなっちゃうんだろうね。
まったく予想ができないです。

次節は、22日。
ホーム正田スタジアムで横浜を向かえ打ちます。
16時キックオフ。
ホーム2連戦。
3連休最終日。
ぜひぜひ、すべての群馬県民の皆さん、足を運んでみてほしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2009年3月 8日 (日)

v.s. ロアッソ熊本

ついに始まりました。2009シーズン。
過酷な過酷な51試合。
スタートダッシュは、求めていない。
最後に笑っていられればそれで良いのだ。
そのための序盤戦。
まずは、廣山のお手並み拝見と、都倉の闘志丸出しのプレーと大げさなリアクションを久しぶりに見たかった。

ザスパーク前橋で観戦です。
200人くらいいたでしょうか。
会話したことはなくても、見たことのある顔が沢山。
話したことがなくても通じ合える同志たちが集結。
ワクワクしたムードでキックオフを迎えます。

スタメンに櫻田がいる。
右バックは、ソンヨンじゃなくて、佐田。
櫻田がボランチで熊林が2列目。

何をねらってるの?佐野さん?!
って印象でした。

大き目のパスをつないで右へ左へ、大きなプレーを確実に繋いでいくザスパ草津。
去年のポゼッションサッカーとは、雰囲気が随分違いました。

全体的には、草津が支配するも、強烈に輝きを見せていたのは、名古屋から熊本に移籍した藤田。

前半は、ぶっちゃけ藤田劇場でした。

草津の最終ラインがいまいち噛み合ってなかったのか、熊本に決定機を作れててしまいます。バーに救われ、ミスキックに救われ、シーズン序盤だから笑って見てられたけどヒヤヒヤでした。

なんでもかんでも嶋田にボールを集めていた去年。
代わって10番を背負う、廣山にボールを集める雰囲気は、ありません。

逆に、要所、要所でボールを貰いに動く廣山。
そして、ボールを持った後のスピード。
これが、廣山か!と感心してしまいました。

そして、廣山の落ち着きがなんともかっこよかった。

今年の櫻田は、違うようです。
どんどん前に出てきます。
ペナルティーエリア付近でボールに絡む櫻田は、楽しい。
そんな櫻田を見たかったのだ。

やっぱり去年は、嶋田にボールを集めすぎてたのかな。

今年は、去年以上に全員サッカーになる予感がします。

そして、今期の初ゴールは、前半43分。
今期から完全移籍した藤井でした。
コーナーからこぼれたボールに藤井が頭を合わせ、もう一度こぼれたボールを足で押し込み、力ずくのゴール!!!

ザスパークが歓喜に満ち溢れながら前半終了。
後半、どうなるか全く予想ができません。
熊本が息を吹き返すのか?
と、思ったけど、あんまりムードは、変わることはありませんでした。

ちょっと、まったりの均衡状態を打ち破ったのは、

熊本DFのミスキック!

何を間違ったのか、熊本の左BKが、草津の高田(?)にパス。
そのボールを左から走りこんできた熊林にパス。
熊林が、インサイドで落ち着いてシュート。
草津サポまで、ポカーンと口が開いてしまいそうなゴールシーンでした。

このあたりが、まだまだ熊本の若さなのでしょうか。

その後も草津は、落ち着いてプレーします。

熊本は、怒涛の攻撃を仕掛けてきません。
でも、自分たちのパターンに徹します。
それがかえって怖かった。
確実に決定機を作ってきました。

そして、89分
ゴール前の混戦。
草津と熊本の選手が、入り乱れてのボールの押し合い。
ゴールの中から田中(?)が頭でボールをはじき出します。
草津サポは、ほっと安心と思いました。

しかし、次の瞬間。
スクリーンに映し出された主審が、熊本のゴールに向かって手を上げています。

そうです。
紙一重でボールは、ゴールラインを越え、ゴールの中に入っていたのです。
スローで再生しても、フレームから外れてその瞬間が見えません。

たぶん、入っていたのでしょう。
僕は、ラインズマンを信じます。
熊本選手の気持ちが伝わってきたから。

ロスタイムは、3分。
あからさまな時間稼ぎをしないまでも、冷静にボールをまわし何とか凌ぐことができました。
やっぱり、最後の1秒まで点を取りに行く姿勢が見たいなぁと思います。

都倉へのマークは、とっても厳しいです。
今後も続くでしょう。
都倉の頭に合わせてボールを出せば、都倉は、他の選手の足元に落とすことも自分で狙うこともできます。
足元のボールもデカイ体を使って前に押し出すこともできます。
引き出しをたくさん持ってる都倉。
68kgの高田よりも12kgもウェイトがある都倉は、スピードとパワーを兼ね備えてます。
加えて、今の都倉は、勢いに乗ってます。
相手DFにとっては、嫌でたまらない選手でしょう。

厳しいチェックに何度も倒れこみ、苦痛に耐える都倉。

ただ、あんまり頑張りすぎないでね。
怪我をしたらもともこうもないんだから。

長いシーズン、山あり谷ありの1年となるんだろうな。
面白い1年になりそうな感じがしています。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年3月 7日 (土)

第3回ふかやシティーハーフマラソン

先週末の話ですが、第3回ふかやシティーハーフマラソンに参加してきました。
もちろんハーフの部。

去年は、15キロあたりから大失速で2時間3分。
これよりも早く走れることは間違いないけど、湯沢の1時間47分の記録をどこまで更新できるか。

このレースをターゲットに館山のフルマラソンのあと、多胡碑の5km、上里乾武の10kmをマイルストーンにして調整してきた。

受付ハガキには、「駐車場が足りない。」と書いてある。
マジ?!と思って早起きし、受付開始の7時についたら駐車場ガラガラ。
でも、周りの会話を聞くと、その後、即効埋まってしまったらしい。
2キロも離れた駐車場から来たなんて会話も聞こえました。

会場には、いろんな施設があって体育館も開放されているのでとっても便利。
ただ、体育館は、人がいっぱい。
最初は、体育館に陣取ったけど、去年と違って暖かかったので、競技場内の芝生エリアに移動しました。こっちのほうが断然気持ちよかったです。

いつものようにインターバルでアップをし、アップの後もウォーキングで体を動かし続けます。自分なりのアップの仕方も大分分かってきました。
今回も、腕時計を持たず、時計ではなく自分を見つめながら、自分との戦いに徹します。

スタート地点、明らかに去年より人が増えてます。
去年と同じくらいの位置からスタートしましたが、去年は、ガラガラ。今回は、混み混みでした。

スタートの号砲からスタートラインまでは、1分くらいのロスがあったと思います。
時計を持ってないので正確な時間は、分かりません。

最初の1キロこそ周りに抜かれましたが、1キロあたりから、どんどん抜き返します。
だた、ちっと様子がおかしいです。
前日12キロも走ったのが失敗だったのか、明らかに腿が筋肉疲労。
だましだまし走り続けます。
最近、序盤は、歩幅を抑えて細かいピッチで走ります。
調子が良いような悪いような。。。

3キロあたり、東京成徳大学深谷高校の女子高生が応援してくれます。
萌え燃えます♪♪

で、10km地点に時計がありました。
確か、47分。
ありゃっ、早すぎた?
でも、筋肉疲労はあってもそれほど苦しくはない。
そのまま走り続けます。

沿道の声援が気持ち良いです。
序盤は、気合が入りすぎて、沿道に目が行かなかったけど、苦しくなってくると沿道の声援が良く聞こえます。声援に手を振って答えることで気がまぎれてリフレッシュされます。

給水は、5km間隔くらい。
5kmの給水は、パスし、10kmで給水。
水だけです。
ハーフのペースでも苦しくて水を一口飲むのも一苦労。

で、ポケットに忍ばせていた塩飴をなめて塩分、糖分補給。

このアタリから去年の悪夢がよみがえります。
また、バテるのか?

15キロあたり。明らかに力が入りません。
気持ちが負けています。
こうなると右肩下がり。
落としたペースは、上がりません。
落としたペースは、さらに下がります。
キロ6分くらいまで落ちたかもしれません。

歩道にいるスタッフのそばに脱水か何かで倒れこんでいる人がいます。
箱根駅伝を走りきった選手のようにぐったりしてます。

そんなのを見た日にゃ、苦しさ倍増。マイナスのスパイラルに陥ります。

苦しい。。。

でも、日ごろのトレーニングの成果ですかね。
1キロ、また1キロと気がつくとキロ表示の看板が見えてきます。

ヤバいと思い、ポケットからパワージェルを取り出します。200キロカロリーを摂取。

15キロから18キロくらいの間で50人くらい抜かれたも知れません。
そんななか、ある女性がスタスタと僕を追い越して行きました。
その女性は、沿道の声援に両手で万歳して答えています。
そんな元気な姿に感化されたのか、気持ちを取り戻します。
苦しさも楽しめるメンタルの強さが必要です。

気持ちを取り戻し、さぁ、もういっちょ頑張るぞ!と思ったら、小学校のまえで沢山の小学生たちが応援に来てくれていました。
そして、子供たちとハイタッチ!
30人以上とハイタッチしたでしょうか。
今年のぐんま自転車少年団が中止になって、ブルーになってた俺。
子供たちとのハイタッチが嬉しくって、辛さが一気に吹き飛びます。
ハイタッチに気持ちが移ってる間にペースが上がりました。

さっきまで抜かれた人たちを抜き返します。
半分くらいは、抜き返せたかな。

このままペースを守ってラストスパート!
最後の500mあたりから猛ダッシュモード。
全力疾走とまでは、行かないまでも、競技場内でも2人を抜き、そして、ゴール♪♪

ハーフがそんなに遠くないように感じられるようになった自分に驚きました。

で、タイムは、1時間42分5秒。
またしても自己ベスト更新♪♪

15から18キロの失速がなければ、1時間30分台もあったのかな。
新しい目標ができました。

ゴールの後は、熱々の煮ほうとうをいただき、ヤクルト2本。バナナ2本をいただき、スピードくじで入浴剤を頂いて帰ってきました。

去年は、ヤクルトもバナナも1本ずつでした。
最近、参加賞が豪華になる傾向があるようです。
一時のブームで終わってしまわないことを祈ります。
別に気持ちよく走れればゴージャスじゃなくたっていいんだから。

群馬の大会もトントン汁なんてわけの分からんもの出さないで、お切り込みを出せばいいのにね。
お切り込みに豚肉入れれば良いじゃんね。
トントン汁って言ったって結局、豚汁じゃん。どこにでもあるじゃん。
どうせなら、トントンお切り込み。
どうですか?

090301_073403

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年2月 | トップページ | 2009年4月 »