« 2008越後湯沢秋桜マラソン(その2) | トップページ | 台無し v.s. 広島 »

2008年10月29日 (水)

2008上州太田スバルマラソン

日曜日に2008上州太田スバルマラソンに参加してきました。

会場は、太田の運動公園の陸上競技場。

受けが6時半から7時15分と他の大会よりも一時間も早く、
県内にもかかわらず、4時起き、5時出発。
案内に書かれた駐車場が会場から離れていたため、バイクで行ってきました。

現地では、マイミクのおさささん、草津サポ仲間2名たちと合流。

開場したころからポツリポツリと雨。
天気予報は、土曜に引き続きまったく当たらず、雨や止む気配なし。

狭い軒下でうるさい会場アナウンスにうんざりしながら、おにぎり食べたり着替えたり、アップをしてスタートを待ちます。

今回も腕時計はつけずに走りました。

腕時計をするとどうしてもタイムを計算してしまいます。 
頭を使うと血中の糖分が消費されて余計に疲れるみたいです。
また、俺の場合、オーバーペースを気にしてペースを落としてしまう傾向にあるので腕時計は、マイナスなことばかりです。

この日のアップもひたすらインターバルをやりました。
周りの人たちは、体を温めようとダラダラと走ってますが、
ダラダラ動いてるだけでは、疲れるだけです。
僕の場合は、ダッシュして心拍数をマックスまで上げておくのです。
自転車ミクのどなたかがそんな話をしていたのでマネして始めました。
また、ダッシュして思いっきり体を動かすことで、関節の稼動域を広げておくのです。
そうするとミルミルうちに体が軽くなります。

今回は、スタート30分前に芝のグランドに参加者全員が集まって、15分くらい前にスタート地点に移動する段取りになってました。

集合してから時間があって体が冷えてきたので、再度、芝の上をダッシュしてましたわーい(嬉しい顔)

芝の上を走るのは、とっても気持ちいいよ

で、8時にスタート衝撃

最近は、スピード練習しかしてなかったので、どのくらいのペースで走って良いのかわかりません。なんとなく、「ちょっと我慢」くらいの微妙に押さえ気味で走ります。
が、ちっと苦しい。
でも、5kmの給水地点まで距離表示もなく、もちろん時計もないので、そのペースがどうなのかさっぱりわかりません。
が、2キロすぎあたりだと思います。徐々に周りの選手を抜き始めました。
いつものパターンです。

雨は、相変わらず降り続いています。
道路の白線では、足が滑ります。

どうにか5kmの給水ポイント。
アクエリアスと水が用意されていました。
10kmのレースの給水にスポーツドリンクなんてexclamation
さすがスバル。太っ腹。

でも、こぼしてベトベトになっても困るので水を取りました。
一口、口にふくんで、口の中をすすいで吐きだしました。
別に脱水の心配もなかったので。

このあたりからペースがちょっとだけ落ちます。
ちょっとだけでも、やっぱり抜かれます。

とにかく耐えるだけです。

がんばります。

給水を過ぎてしばらくするとそこから先は、ずっと歩道を走ります。
「交通規制してくれないの?!」と、ちっと興ざめボケーっとした顔

6kmの表示が出てきました。

あごを引いて、前傾を意識して、なんとか足を前に前に出すペースを維持し続けます。

そして8kmの表示。
どこまで行けるかわかりませんが、行けるところまで行ってみよう。

ラストスパートを仕掛けます。
ひじを後ろに早く大きく引き上げるように意識します。
ピッチが少しだけ早くなりました。
この1kmで5人くらいは、抜けたでしょうか。
5km過ぎにはもっと抜かれたので、取り返しきれませんでしたが。

そして、50歳くらいの紳士なおじさんをロックオン!
したはずが、抜けません。
近くまでいくと引き離されます。

運動公園の入り口まで来ました。
正直、ホッとしましたうれしい顔

が、この入り口は、完全なフェイクです。

公園の外側を半周します。
そして、公園に入ると、公園の内側を半周です。
この間、1km弱くらいあります。
かなりしんどいです。

先ほどの、おじさんとの距離が3mくらいまで開きます。
こうなると、ちっと抜けそうにありません。

なんとか引き離されないようがんばりました。

そして、陸上競技場内に入ります。

場内をどのくらい走るのか全くわかってなかったので、不安たっぷりでしたが、入ってびっくりexclamation
50mくらいしかない。

な~~~んだ。

50mなら、え~~~いっ、抜いちゃえ!

ってんで、猛ダッシュ。

このとき、本当に独り言で「抜いちゃえ」って言ってましたあせあせ

アップのダッシュが役に立ちます。

全身を大きく使って大爆走。

ここで3人抜いて、ついにゴール。

ゴール後は、ゼーゼー、ハーハー、死にそうですふらふら

何とかっていうスポーツドリンクをいただいて、はがきサイズの完走証と完走賞のTシャツをいただきました。

最近、ありがちな豚汁は、ないようです。

そうそう、記録ね。
なんと、43分45秒。

これまでの自己ベストは、去年の黒岩峯遺跡マラソンの51分代だったのに。

4分30秒/キロペースで走ってたなんて。

信じられません。

レース後、普通の大会なら走り終わるとどんどん帰ってしまうのですが、
この大会は、スバルのステラもあたる、大抽選大会が待ってます。

なので誰も帰りません。
それのおかげで最終ランナーをみんなで応援するという、なんとも素敵な一面も持っています。

ステラは、埼玉から来た50代後半くらいのおじ様がもって帰りました。

僕は、なーーーんにも当たりませんでしたが、どんでもない自己ベストをマークできたのでハッピーな一日でした。

|

« 2008越後湯沢秋桜マラソン(その2) | トップページ | 台無し v.s. 広島 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/24825109

この記事へのトラックバック一覧です: 2008上州太田スバルマラソン:

» 上州太田スバルマラソン [Dreamers Fields ~夢見の部屋~]
2年ぶりに、上州太田スバルマラソンに出場しました。 残念ながら、抽選会でステラや他のものははあたりませんでした。 ん?何の話だ? [続きを読む]

受信: 2008年10月29日 (水) 00時45分

« 2008越後湯沢秋桜マラソン(その2) | トップページ | 台無し v.s. 広島 »