« 気迫負け v.s. 湘南 | トップページ | 16km90分 »

2008年9月 2日 (火)

藤原湖と赤城大沼

【藤原湖】

8月24日に「第51回藤原湖マラソン大会」の12.75kmに参加してきました。

当日は、あいにくの雨雨雨雨。 
予想できていたので、めちゃくちゃ早く家を出て、テントの下を確保。
雨で気合も入らず、テントの下でのんびりほっとした顔
アップもろくにせず、テントの下も人が多くてストレッチすらできず、「ま、いっか。」と適当にスタート。

雨だし、のんびり走る気だったのに、やっぱりアップもせずいきなり走り出すのは、危険ですふらふら
いくらのんびりでも酸素の薄い、高地。しかも、スタート早々から長い上り坂。息が上がります。足が重い。体が重い。のんびりどころじゃありませんげっそり
ただただひたすら苦しい12kmでありました。

スタート前に、去年のこの大会で俺とデッドヒートをした草津サポさんを発見して挨拶。
走ってる最中、折り返し地点を過ぎてしばらくしたら、苦しそうに走ってる草津サポの女の子とすれ違って「がんばれ!」って声をかけたり。
(たしか、この子は、6月のキャベツマラソンでも見かけたハズ)
テントの下で隣り合わせた人たちとおしゃべりしたり。
「走り」以外に楽しいことが多かったレースでした。

結果は、1時間8分24秒。
去年の記録は、1時間10分56秒
コースが変わって激坂が減ったことを考えると「・・・・?」な結果でした。

来年は、是非、コースを元の周回コースに戻して欲しいデス。


【赤城大沼】

つづいて、昨日は、第27回あかぎ大沼・白樺マラソンの5kmに参加してきました。
現地についたころは、雨がちらついていたけどスタートが近づくにつれて、どんどん雲が消えていく。しまいにゃ完全な晴天晴れ
でも、風は、涼しく、コースは木陰ばかり。とっても爽やかな大会になりました。

大会で5kmを走るのは、今回が初めて。
どこまで突っ走れるか試してみたかったのです。
目標は、25分。
40分前くらいから入念にアップします。
ウォーキングから少しずつビルドアップし、広場の前の坂道をインターバル。
心拍数をマックスまで上げて、体を慣らします。
そしてスタート。
最初の1kmは、ひたすら登り。
ひたすら飛ばします。何人ここで抜いたでしょうか。ってか、スタート地点でもっと前に陣取ればよかった。。。
1kmの登りの後は、1kmの下り。ここで呼吸を整えます。下り坂に入ってすぐ、5分前にスタートした10kmの選手たちに追いつきましたわーい(嬉しい顔)
下りきったころから、苦しくなってまいります。
酸欠です。全身が酸素を求め、血液があらゆる毛細血管に洪水のように流れ込みます。
手先、足先がピリピリしてきます。
さすがにちっとだけペースを落としました。
が、ペース落とすとかえって苦しいんですよね。
そのまま、また登りに入ります。なんとか登りきりましたが、そこで力つきそうになりました。
頭をよぎった感情は、「楽になりたい・・・。」
「歩きたい。」と思わなかったのは、ゴール以外に楽になる方法がないと思ったからか、目標を超えたかったからか。
それでも、ゆるい下りのはずなのにペース上がらず、ここまで抜きつ抜かれつした群○銀○って背中書かれたランシャツのおじさんが、離れていく。。。冷や汗

と思っていたら、突然、スーーーっと1歩が前に伸びた。
「ヤベぇ、行かなきゃexclamation ×2」と気持ちを取り戻します。

4km地点で時計を確認。
時間は、18分台。
たしか、この先にもう一度上り坂があったはず。
多少、ペースが落ちても最後の下りで飛ばせば目標クリアできるか?ドキドキ緊張。
と思ったら、ずっとゆるい下りのままでした。
最後のコーナーを曲がると最後は、激下り。
一気にスパート。さっきの群○銀○のおじさんもぶっちぎり、ゴールに向かってまっしぐら。
ゴール後は、ハーハー、ヒーヒーうなりまくっておりました。

結果は、なんと23分36秒手(チョキ)
しかも、このコース、実際には、100m長いらしい。
やれば、できんじゃんわーい(嬉しい顔)

5kmって面白いね。
苦しくても走り切れる距離だから。
チャレンジしたくなるね。

来年もここで5kmに挑戦しよう!

|

« 気迫負け v.s. 湘南 | トップページ | 16km90分 »

「ランニング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/23421428

この記事へのトラックバック一覧です: 藤原湖と赤城大沼:

« 気迫負け v.s. 湘南 | トップページ | 16km90分 »