« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

v.s. 東京V

前節の福岡戦は、つまらないハンドで勝ち点を逃したけど、善戦していた。

今日の東京V戦も、開始早々に先取点。
さらに、ロスタイムの粘りの同点弾。

カレカの初ゴール。
おめでとう!

そして、憎きベルディー相手によく頑張ったね。
ラモスは、今頃泣いてるね。

でもね、植木監督が開幕前にFM群馬で約束した10勝は、一歩も近づいてないぞ。

10勝に向かって、もっと頑張れ。

そうそう、僕は、3バックのザスパ草津の方が好きです。
カウンターが使えて前向きになれるからね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月21日 (日)

v.s. 愛媛FC

自転車にのって敷島まで行ってきましたわーい(嬉しい顔)
11時30分のちょっと前、ノーマルチケットの皆さんの開場時間直前に滑り込んで、一番上の席をゲット。
敷島についたらノーマルチケットの皆さんの行列が既に歩き出してて、あせってダッシュしてしまいましたあせあせ

それにしてもチョー天気良かったね。
ロングTシャツの上にユニフォームを着てたんだけど、あまりの熱さにロングTシャツを脱いでしまいました。 かなり日に焼けました。

キックオフまでの間、必勝祈願にとんかつ弁当を食べ、ザスパ草津タンブラーでビールを飲んで、本を読んだりしながら、しばしのんびり。

びっくりしたのは、お客さんの少なさ。
春先は、開場と同時にBH席は、いっぱいになっちゃったのに、キックオフの時間になっても空席がチラホラ。これは、今のチームへの評価なんだろうね。フロントは、この現状をしっかりと受け止めてください。

そして、試合の内容。
う~ん、どちらも決め手を欠く展開。
いまひとつ盛り上がらない。

そんななか、後半開始早々の4分。
高田からのタテパスを受けた鳥居塚。
目の前にディフェンスが一人、
そいつを何とか交わした。
それだけでもビックリだったのに。
さらに両サイドのDF2人が残っていた。
でも、2人ともセンターまで詰め寄るのが間に合わず、
2人の間をスルスルと抜け、GKと1対1。

インサイドで落ち着いて打ったシュートは、GKの反応が間に合わず、 ゴールの右端にコロコロと入っていったのでありました。

隣や前の席のみんなとハイタッチ!わーい(嬉しい顔)
スタンドは、大盛り上がり。

やっと、やっとこの時が来たね。
って感じでした。
一生勝てないんじゃないかって感じだったので
なんとなく安堵感すら感じたよ。

そして、この試合で最高に盛り上がったのは、
後半20分。
コーナーキックの混戦で両チームの何人かが倒れこんだ。
スタンドからは、何があったかわからない。
ってか、喧嘩両成敗かと思ったら、草津のファールだって。

で、PKげっそり
本田が主審に詰め寄る。
本田がまたキレタ。
って誰もが思ったらそうじゃなかった。
切れたのは、桑原(?)
それを止めに行ったのだ。

サポのコールリーダーは、騒がしい音を立ててキッカーの集中力を欠こうと頑張る。
そんななか、コールリーダーと逆の位置にいたサポターから本田コールが始まった。
僕もすかさず、本田コールに乗った。
そして、少しずつ本田コールをするサポが増え、スタンド中が本田コールになった。

そうなのだ。今やるべきことは相手キッカーの邪魔をするんじゃなく、
本田に僕らの思いを伝える事なのだ。

相手キッカーは、助走の方向を変えながらフェイントをかけ、本田を揺さぶろうとするが、本田は、一切動かない。
そんな本田に気合負けしたのか、蹴ったボールは、左サイドを狙ったけどコーナーを捉えきれず。
完全に見切っていた本田がしっかりとボールをはじき返した。
しかし、はじいたボールは、ゴール前へ。
キッカーがもう一度シュートにしたが、本田が再度はじき返した。
そして、そのボールを草津のDFがクリア。
こうして、最大のピンチを乗り切ったのだ。

その後、氏原が負傷退場。
変わってカレカが入ってきた。
カレカが入ってきて勢いが変わったね。
里見のオーバーラップなんかも出て、チョーかっこよかったもんね。
GKと1対1になって打った里見のシュートは、すんなりとGKの胸元に吸い込まれたけどねがく~(落胆した顔)

そして、長いロスタイムも耐えて、試合終了。
やっと、勝つことが出来ましたわーい(嬉しい顔)
ホントに長かったね。

今節は、MFがハーフラインを越えてボールを運ぶシーンが多かったし、FWが2人残っていることも多かった。
であれば、サイドに出さずに、もっとたてパスを使ったほうが良かったと思った。
サイドからクロスをあげてシュートに持っていくってパターンを作りたいんだろうけど、ワンパターンじゃいかんのだ。
それと、トラップした瞬間に後ろを向く悪い癖は直っていないね。

さらに、この1勝に浮かれてては、いかんのだ。
植木監督が掲げた必達目標の10勝まであと3勝。
達成できるのか?!

最後に、とにかく審判のレベルが低いちっ(怒った顔)
だれかが転べばすぐファール。
なのに、明らかに足をかけられた高田がシミュレーションげっそり
フットサルじゃねぇっつうの衝撃
浦和レッズの土曜日の試合のダイジェストをニュースで見たけど
もし、あの試合をJ2の審判がジャッジしてたら、カードが何枚あっても足りないよ。
みんな退場で試合が不成立になっちゃうだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年10月15日 (月)

v.s. コンサドーレ札幌

天皇杯でアマチュアに負けちゃうコンサドーレ札幌。
そんなコンサドーレ札幌に負けちゃうザスパ草津。

次節は、愛媛戦。
10位 v.s. 11位のゲーム
果たして見に行く価値は、あるんだろうか。
シーチケ持ってるから損する訳じゃないけど。。。

ところで、コンサドーレ札幌は、天皇杯を勝つ気があったのだろうか。
東京ベルディーも本田FCを相手に敗退している。
両チームともリーグ戦を優先したんじゃないだろうかと僕は、思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月14日 (日)

第7回ぐんまサイクリングフェアー

土曜日に群馬県の道路企画管理課が主催するサイクリングフェアーが実施されました。

僕が参加している県民ボランティアのメインイベントとなる行事で、僕らは、ボランティアスタッフとして参加しました。

会場は、藤岡市の庚申山公園。
500人くらいの参加者が集まり、15Km、25km、35kmのコースに分かれてみんなでサイクリングしました。

開会式には、藤岡の市長さんと群馬県の副知事さんが来てくださいました。
しかしながら、知事さんは、例によって来てくださいません。
これだけ沢山の人が集まってくれているのに・・・。
ぐんま自転車少年団に引き続き2度目ですもうやだ~(悲しい顔)

僕らは、朝7時半に集合して、作業分担して受付をしたり、自転車に乗ってサイクリングを先導したり、交差点や曲がり角で誘導したり、いろいろな仕事をします。

僕の仕事?

それは、ヒ・ミ・ツ

ヒント?

「ゆうまちゃん」わーい(嬉しい顔)


25kmが一番参加者が少なかったみたい。
まぁ、25km走れたら、35kmも走れるからね。
中途半端だったかな。

35kmコースの参加者は、バテバテでゴールした人が結構いましたよ。
慣れてないと大変何段だろうね。


今回、元ザスパ草津のGKの小島さんも参加してくれました。
僕が、FM群馬の小島さんの出演する番組でPRしたのが良かったのかなあっかんべー
織田さんハート達(複数ハート)は、オレンジのRitewayの自転車で毎年参加です。

今回、織田さんとは、挨拶すら出来なかったよ涙


ゆうまちゃんに「しゃべれるの?」と聞いてくる子供が沢山います。
ゆうまちゃんは、首をヨコに振ることしか出来ません。
「名前は?」と聞かれても、答えられませんもうやだ~(悲しい顔)
ゆうまちゃんは、首をかしげるだけです。
「自分の名前もわからないの?」と思った子供は、
悲しげに「そうなんだぁ・・・。」

切ないね。

ある子供が「ゆうまちゃんは、しゃべれないだって。」ってお父さんに教えてあげました。
そのお父さんが、「お馬さんだかね。」だって。

正解exclamation

【織田アナウンサー目がハートと小島さん 】
Cimg1347











【出発前の様子】
Cimg1345_2








【大人気のゆうまちゃん】
Cimg1349

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

v.s. 水戸ホーリホック

アマチュアのアローズからも点をとれず、水戸からも点を取れず、

気がつけば、今年も残すところ8試合。

敷島の試合は、あとたった3試合

なのに、今日までの勝ちは、6勝だけ。

ちなみに去年は、9勝でした。

DF、中盤でボールが回せて去年より良くなっているとは言え、結果が大事。

10勝できるのか。

もし、出来なかったら首脳陣さん方にも考えて貰わんとかもね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年12月 »