« GCK反省会 | トップページ | モンテディオの言い訳 »

2007年9月14日 (金)

どうしてGCK?

ザスパファンさんから頂いたコメントへの返信を書き始めたら長くなってしまったので、記事にさせてもらいました。
以下、あくまでボランティアスタッフである私の所見なので、県のコメントとは、思わないでください。

どうして県がサイクリングツアーを企画するのか、
それは、こういうことなのです。
http://www.pref.gunma.jp/hpm/ijika/00034.html
こうした呼びかけに共感して集まったのが私たちボランティアのスタッフなのです。

県庁では、いち早くクールビズを取り入れたり
ブラックイルミネーションをマスメディアなどを利用して大々的に宣伝したり
各部署で環境問題への取り組みをしていると思います。
そして、道路企画管理課の方たちは、普段の仕事と関わりのある自転車に目をつけたのです。
たった100m先のお店に行くのにも自動車に乗るのが当たり前な風潮を何とかしようと、
また、自動車最優先に作られてきた道路を一般の歩行者やご老人、身障者、自転車にも優しい道路にしようと、
「自転車王国ぐんま」というスローガンを掲げてさまざまな施策を実施しているわけです。
そして、それらの施策の一環として、県民の啓蒙を目的に10月のサイクリングフェアーや今回の「ぐんま自転車少年団」が企画されてるわけです。

「責任を県に押し付ける」ではなく、あえて言うなら私たちの方が仕事を押し付けられている?(^_^;)
そして、好き好んでそれを引き受ける私たちがいるのです。

私たちが自主的にイベントをやったらどうなのか?
行政を抜きにしたら、本当にただのサイクリングツアーになってしまいますしね。
県の掲げたスローガンに共感して集まったメンバーですし、
メンバーは、みんな極々普通のサラリーマンばかり。
自分たちだけでってのは、それは、それは、難しいでしょうね。

また、せっかく税金を払ったからって行政が期待通りに動くのを待っているのは、間違いなんだなと感じています。
県庁の方たちの話を聞いていると、行政というところに意思は無くて行政というのは条例と法律と県民の声に従って意思決定がされのだと感じました。
つまり、私たちが声を出せば、ちゃんと聞いて動いてくれます。
だから、こっちから行政を利用して行かないと。
さらに言うなら、行政にやらせるのではなく、一緒にやること。
全部、行政に任せたらまたお金かかっちゃうしね。
そして、それを楽しむこと。
楽しめたら、払った甲斐があったと満足感が得られます。

私もザスパ草津サポですから、サッカースタジアムの建設には、激しく同感です。
高崎市民の方たちが署名を集めて、市や県に働きかけてますね。
私たちに何が出来るのかをみんなで意見を出し合って、行動しなければいけません。

僕は、サポ仲間のじゅん1さんのマネをして、サッカーと関係ないマラソン大会にレプユニを着て出場してザスパ草津の認知度を上げようと試みています。

どうして群馬にサッカースタジアムが必要なのか。
共感してくれる人を一人でも多く増やしていかないと、実現は難しいですね。
今現在、敷島を満員にできていないわけですから。

群馬ダイヤモンドペガサスなんてライバルも現れたし・・・。

|

« GCK反省会 | トップページ | モンテディオの言い訳 »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/7932223

この記事へのトラックバック一覧です: どうしてGCK?:

« GCK反省会 | トップページ | モンテディオの言い訳 »