« ディズニーランドへ行こう!自転車で ~その3~ | トップページ | 第50回藤原湖一周マラソン »

2007年8月20日 (月)

ディズニーランドへ行こう!自転車で ~番外編~

★命の水編★
今回、あらゆる給水ポイントで氷水を用意した。
クーラーボックスに氷と水をたっぷり入れて用意したのだ。
これは、飲むためではなく、頭からかぶって体を冷やすためだった。
当初の計画では、氷水は、予定に入っていなかった。
2週間前の事前調査で、ペットボトルのポカリスエットを冷やそうとクーラーボックスにたくさんの氷を用意した。
事前調査の最後の最後、寅さん記念館で「どうせ捨てるなら頭にかけてくれないか。」とあるスタッフが言い出した。
みんなで少しずつ首や頭にかけて見た。
最初、僕は、興味が無かったのだが、「せっかくなので僕も」とかけて貰ったら、本当にびっくりexclamation ×2
目が覚めるようにスッキリするのだわーい(嬉しい顔)
その場で即決。本番でも用意することになった。
まさに偶然の賜物だったといえる。
このアイデアが子供たちを重度の熱中症から救ったことは、間違いなかった。

言いだしっぺのスタッフさんは、命の水といって子供たちにかけていたらしい。

中島の防災センターで事務所のおじさんがホースで水をまいていた。
シャワーのようにして子供たちにも水をかけてあげようとしていたようだ。
僕は、そのおじさんにお願いして、頭に直接水をかけてもらった。
頭をびしょ濡れにして、「お前らもかぶっとけ」ってチームの子供たちに言ったら、みんなシャワーの下を走り回って浴びだした。
その後も、うちのチームのメンバーは、水のあるところでは積極的に水をかぶっていた。
女の子ですら妻沼のゴルフ場を出るときに蛇口につながったホースから水をジャブジャブと頭にかけていたくらいだから。
ほかのチームには、躊躇している子もいたようだが、うちのチームは早い段階からみんな水をかぶっていたように思う。
頭が痛くなるまで、全身びしょ濡れになるまで氷水をかぶってたのもうちのチームだけだけどあせあせ
これもリタイアを出さなかった要因の一つかもしれない。

★56歳のおばさん編★
うちの子供たちは、某地元テレビ局がつれてきたフリーのアナウンサー(レポーター)を「56歳のおばさん」と呼んでいた。
もちろん、俺は、奴らに何も仕込んでいない。
子供たちが勝手に年齢を聞いて呼び始めたのだ。
で、この「56歳のおばさん」、自分のことを「2●才」と言ったらしいが、どう見ても嘘をついている。
だから「56歳」なんて言われるんだな。

子供の前では嘘はつけない。。。

★レースモード編★
2日目、子供たちをバスに乗せることが決まった後、突然、大人たちの表情が変わった。
バスに乗れない大人たちは、20km先の流山市役所まで自転車で自走することに。
みんな、一斉にバナナやらお菓子やらをかじって糖分を補給したり、頭から水をかぶって体温上昇を抑える準備をしたり、
少しでもペダリングを軽くしようとチェーンオイルを吹き付けたり。
途中1箇所、給水ポイントに寄りながらも一気に走りぬけようというのだ。
自分自身が熱中症にもなりかねない緊張感も合わさって、なんとも異様な雰囲気。
つられて俺も嫌でも気合が入りまくる。

先々週の事前調査では、おじさんスタッフたちにぶっちぎられた。
でも、今回、そのおじさんたちが、俺と同様のMTB+スリックタイアで来ているのだ。
今日こそ、おじさんチャリダーをぶっちぎるチャンスである。

とにかく先頭集団についていくことにした。
前の自転車にしっかりつくことで、風の抵抗がまったく無くなる。
体力温存できるのだ。
そのままずっと粘り強くついていったら、後半、どんどん風が強くなってきた。
それに伴い、あと8kmくらいのところで先頭のペースが落ちだした。
まだ、先頭に出るのは早いと思ってたら、僕より少し年上のスタッフが先頭に。
その人についていくことにした。
その人も普段は、ロードバイク。今回は、MTB+スリックタイア。
慣れない自転車では、体力が続かない。

エヘヘ、自転車の条件が同じならスタミナでは絶対に負けないぜ。

案の定、その人も残り3kmくらいで力尽きた。
チャンス!
一気に先頭に踊り出る。
そこから僕が先頭を走る。
ついてきたのは、ロードレーサーに乗ったおじさんスタッフ1人だけ。
バックミラーを見たら、べったり俺についてくる。超恐ぇーーー。
ちぎってやる!!と頑張ってみたけど、全然離せられず、このまま市役所へ。
ホテルで子供たちに一位でついたことを自慢。

面白かった♪♪♪

★不良職員編★
2日目の夜のこと。
晩御飯を食べ終わり、子供たちが部屋に戻った後、僕も部屋に戻ろうとエレベータに乗ろうとしたら、若手の県庁職員さんがエレベータの前に立っていた。
「お疲れ様です。」と声をかけたのだが、右手になんか持っている。白くて細長いもの。どう見てもチョークじゃない。

喫煙だ!!!!

期間中は、禁酒禁煙って約束なのにぷっくっくな顔
この不良職員。ことある毎にこの俺に「ビール飲んだんですか?」と聞いてきていた。
なぜかと思えば、そういうことかっ!!
自分がルール違反をしていて、仲間を求めていたのだ。

県の職員さん達は、通常の業務を行いながら、こんな大それたイベントを実行している。
おかげで僕たちは、こんなに貴重な経験をさせて貰っている。
ここは、許して上げることにします。

ここに書いちゃったら意味ないけどウッシッシ


★県知事様編★
初日の出発式、県知事様は、いらっしゃいませんでした。
代わりに理事様がいらっしゃいました。
県知事様は、戦没者慰霊の式典で忙しかったんだとか。
理事様の挨拶の時間は、7時50分くらい。
戦没者慰霊の式典は、何時からだったんだろう???



そんなこんなで語りつくせないほどいろいろなことがあった3日間でしたわーい(嬉しい顔)

|

« ディズニーランドへ行こう!自転車で ~その3~ | トップページ | 第50回藤原湖一周マラソン »

「自転車」カテゴリの記事

コメント

今回の企画では本当にお世話になりました。テスト走行のときは、子どもが班員として一緒に走行させていただいたのではと、このブログで感じていましたが、やはりそのようでした。
 テスト走行と違い、当日は酷暑の中での走行、皆さまのきめ細かなサポートのお陰だと思います。
 うちの子は、育成会のソフトボールに参加しており、偶然ですが1回のテスト走行翌日は学校代表決定の試合、2回目テスト走行翌日は練習試合、TDL迄走行した翌日は市の大会があり、自転車とソフトボールで過ごした、暑い、熱い夏になりました。市の大会では、ベスト4になりました。子どもにとっても、保護者にとっても忘れられない夏になりました。
 このブログで、保護者にはわからない部分を知ることができ、ありがとうございました。スタッフの皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

投稿: 5 → 4班 の保護者 | 2007年8月21日 (火) 20時47分

この旅?はいろいろとお世話になりました。
スタッフとして同行させていただいたものです。

GCK最高でしたね。
言葉では語りつくせぬ感動がありました。
来年以降も引き続き開催してもらい、定番企画となることを期待しております。

投稿: surly rider | 2007年8月21日 (火) 23時42分

5 → 4班 の保護者さん>
ブログには、ふざけた事しか書いてないので恐縮です(^_^;)。
旧5班の子達も元気に走りぬいてくれて、本当に嬉しいです。みんなに次、いつ会えるか分かりませんが、大きく成長してくれることを願っています。僕たちも、たくさん勉強させてもらいました。
本当にありがとうございました。

投稿: 5→3班責任者のthespaine | 2007年8月22日 (水) 01時02分

surly rider さん>

お疲れ様でした。
夢のような3日間でしたね。
次回は、班責任者をお願いします(^o^)/
僕は、何をしようかな。

投稿: 無印なんちゃってMTBライダーのthespaine | 2007年8月22日 (水) 01時06分

3日間、いや準備を入れると約半年間、お疲れ様でした。今回、みなさんには貴重な体験をさせていただきました。感謝、感謝です。

本番は本当に消耗戦でしたね。私はチョコが必需品でした。疲れた時のチョコ。

そういえば、見られちゃいましたね。一人栄養補給しているところ。エレベータの前で。一人で食べてないで、あげればよかったですね。昔よく食べたあれ。そう、タバコチョコ!

次の機会がありましたら、あげますね。

投稿: 不良職員 | 2007年8月28日 (火) 23時13分

不良職員さん>
「タバコチョコ」なんてつまらない事、言ってないで、はやく更正してくださいっ!
来年も絶対実施してくださいね。
よろしくお願いします。

投稿: thespaine | 2007年8月29日 (水) 18時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/7613744

この記事へのトラックバック一覧です: ディズニーランドへ行こう!自転車で ~番外編~:

« ディズニーランドへ行こう!自転車で ~その3~ | トップページ | 第50回藤原湖一周マラソン »