« ないない大辞典 | トップページ | 車買い替えました »

2007年1月25日 (木)

採用条件=フリーター

なんだかね。
仕事なんていくらでもあるじゃん。
新聞には、毎週、求人ジャーナルやアイデムの求人広告が入ってくるし、コンビに行けばフリーペーパーで沢山社員募集してんじゃん。
就職できないんじゃなくて、わがままや贅沢言って、就職しないんだろ。
自分でフリータを選んだんじゃん。
「やりたいことが見つかるまで就職しない」とか分けのわかんない事言って逃げてたんだろ。
フリータって言葉が流行って、流行に乗ってカッコつけてたんじゃねぇの。

俺の友達にも学校卒業した後、フリータになった奴が何人かいるよ。でも、そいつらもちゃんと自分の力で仕事見つけて頑張ってるよ。

国がわざわざ採用してやったら
嫌な仕事も我慢して頑張ってきた奴がバカみたいじゃん。

ちなみに、俺、今、34歳。対象年齢のど真ん中。
庁舎のシステム管理やらせたら即戦力の俺には、応募の権利ナシ。

30代後半で高卒ならバブル全盛だぞ。
俺の時だって就職難は始まってたけど、『就職氷河期』っていえるのは俺より2年後あたりなんじゃねぇの。

実務経験ゼロでも年齢給は、出るんだって。
税金の無駄遣いじゃ。
しかも、こいつらのために通常の採用枠が減るんだって。
来年の新卒がかわいそう。
本末転倒、支離滅裂。

39歳実務経験ゼロの中途職員。
どやって使うんだい。
夢と希望に満ち溢れた新卒職員と一緒の仕事させるの?
組織構造も職場の雰囲気もおかしくなるべ。

救済すべきは、リストラで本人の意思や能力とは関係なく仕事を失い、年齢を理由に再就職できない40代、50代の人たちなのではないでしょうか。

学校卒業した後も適当にバイトして、何年かしたら国のお膳立てを使って再チャレンジすればいいんじゃん、公務員になればいいんじゃん、って世の中になるのかね。

以下、読売新聞サイトからの無断掲載

フリーター支援、29―39歳限定の公務員試験実施へ
政府は、「フリーター」らに対する「再チャレンジ支援総合プラン」の一環として、2007年度の国家公務員採用試験から中途採用枠を新設する。

 17~21歳未満が受験資格の国家公務員3種試験(高卒程度、06年度は1274人採用)と同レベルの試験を今年9月、29~39歳以下を対象に実施し、計100人程度を採用する。

  バブル経済の崩壊に伴い、1990年代以降は、大学や高校卒業者の就職内定率が低迷し、「就職氷河期」と呼ばれる時期が長く続いた。政府は、この時期に就 職活動をした現在の30歳代には、定職に就けなかったため、自分の意思に反してフリーターとなった人が多いと分析。フリーターに限定した国家公務員の中途 採用の具体策を検討してきた。

|

« ないない大辞典 | トップページ | 車買い替えました »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/5064727

この記事へのトラックバック一覧です: 採用条件=フリーター:

« ないない大辞典 | トップページ | 車買い替えました »