« サイクリングロードで草刈りました | トップページ | ザスパ草津 練習試合 »

2006年9月26日 (火)

河川堤防36%が郷土不足、国の6割調査で判明

今日は、今朝の読売新聞の第一面の記事です。
特に気になったのは、「補強は予算不足などで進んでいない。」って部分。
5000億もかけて八ッ場ダム作ってないで、下流域の堤防を直す方が先決なのではないの?
都市部の人たちの家が水浸しになるのを防ぐために、長野原の人々が先祖代々受け継いできた家や畑やお墓や神社やいろんなものを光も届かないようなダムの底に沈めちゃうんだよ。
まったくもって本末転倒だ。

八場ダムについては、こちら↓ 
八ッ場ダムを考える会
加藤登紀子さんや永六輔さんも応援してくださっています。
東京の人たちに特に是非一度読んでで欲しいっす。

河川堤防36%が郷土不足、国の6割調査で判明

国土交通省は、国が管理する河川堤防の安全性について初の全国調査を進めているが、今年3月末時点で調査済みの5922キロ(133河川)のう ち、36%にあたる2113キロ(117河川)で、粗い砂が多く水がしみ込みやすいなど、「浸透破堤(はてい)」に対する同省の安全基準を満たしていない ことが、読売新聞の情報公開請求でわかった。

Click here to find out more!

 長年にわたり、築造・改修が続けられてきた堤防の安全性の実態が明らかになったのは、これが初めて。

 堤防の「強さ」がこれまで定量的に調査されたことはなかったが、2004年、新潟・福島豪雨や台風23号で堤防決壊が相次いだことから国交省が調 査に着手。全国の国直轄138河川を対象に、2キロ~200メートル間隔でボーリングし、堤防内部の材質などを調査。100年に1度の大雨などにも耐える かどうかを基準に、「耐浸透性」を計算した。

 その結果、今年3月末現在の各地方整備局などのまとめでは、対象1万204キロのうち約6割の5922キロで調査を終了。このうち2113キロで粗い砂が多いなど、国交省の河川堤防設計指針に基づく基準を満たしていなかった。

 首都圏を流れる荒川では、212キロのうち123キロ(58%)で安全性が不足。東海豪雨で大きな被害が出た庄内川(名古屋市など)では72キロ中51キロ(71%)が不足。近畿の淀川に合流する木津川下流部では、53キロのうち9割の48キロが不足区間だった。

 これに対し、補強は予算不足などで進んでいない。例えば水害被害が相次いだ九州地方整備局では、不足区間131キロのうち、2河川約2キロの補強工事にようやく着手したばかりだ。

 国交省による調査も完全なものではない。水が堤防を越えてあふれて決壊する「越流(えつりゅう)破堤」は、1985年以降の全国の直轄河川の主な 決壊21件中、8割の17を占めるが、「メカニズムが技術的に解明されていない」として検査されていない。今年の7月豪雨で決壊した長野県の天竜川で起き たような、強い流れで堤防が少しずつ削れていく「洗掘(せんくつ)破堤」の安全性も、今回のチェック対象外だ。

 元建設省河川局長で日本水フォーラム相談役の尾田栄章さんは「特に、戦後のモノのない時期に大急ぎで造られた堤防は、がれきが混じっているなど中身が全く分かっていないのが実態。点検結果を十分に分析し、危険性の高いものから対策を急ぐべきだ」と話す。

(2006年9月25日3時0分  読売新聞)

|

« サイクリングロードで草刈りました | トップページ | ザスパ草津 練習試合 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/3584501

この記事へのトラックバック一覧です: 河川堤防36%が郷土不足、国の6割調査で判明:

» _●初代酒サムライに加藤登紀子さん [お酒ブログ情報トラックバックセンター]
日本酒の愛好者をたたえ、国内外で普及PRの「志士」として活動してもらう第1回「酒サムライ」の叙任式が20日、京都市左京区の下鴨神社で開かれた。初代酒サムライに選ばれた歌手の加藤登紀子さん(62)たち6人が出席し、お神酒による乾杯などで清酒販売の低迷脱却などを誓った。... [続きを読む]

受信: 2006年10月21日 (土) 13時05分

« サイクリングロードで草刈りました | トップページ | ザスパ草津 練習試合 »