« ザスパ草津 あきらめない | トップページ | 坂本九と大塚愛 »

2006年8月16日 (水)

ガス vs 電気

日本ガス協会とかなんとかって言う所がパロマのガス機器の点検をしているとCMでやっていた。「なんでそんなことするのか?パロマがやるべきだろ。」と、思いつつ色々考えてみた。

パロマのせいでガス自体のイメージが下がってしまったのではないだろうか。それがオール電化に追い風、ガス業界には、逆風となってしまったのかもしれない。そんな業界全体の危機感から協会が動き出したのだろう。

ところで、先日、東京で大停電が起こった。オール電化の家では、お湯も沸かすことが出来なくなった。冷蔵ショーケスが使えないコンビニの弁当を食べるのも怖いし、カップラーメンやレトルト食品も食べられないなんて状況だったに違いない。

毎年、夏になると冷房に大量に出来が使われるために電力不足が話題に上る。もし、東京の全世帯がオール電化したら、果たして電力は、足りるのだろうか?クールビズで間に合うのだろうか。ガスも災害や緊急時に自動停止する装置が普及が進んでいる。新潟の大地震のときもガス爆発は、起こらなかった。単純に電気よりガスの方が安全とは、言い切れない。なんて考えると電気とガスを上手につかってエネルギーの分散が必要なのではないのかななんて思った。

ただ、ガスも化石燃料。ガスを燃やせば、地上のCO2が増える。電気も火力発電ならその燃料のほとんどが石油だからCO2が増える。風力発電は、結構騒音がするらしい。水力発電は、八場ダムのように人から生活の場を奪う。原子力発電なんてもっての外。危険極まりない。

ソーラー発電や余熱発電に期待したい。

ちなみに薪を燃やしても地上のCO2は、増えないらしい。薪が木として成長する間にCO2を吸収しているので燃やしてもプラス・マイナス・ゼロなんだって。燃やさず朽ち果てていったとしても微生物が分解する過程でCO2を発生するので、結果は、同じらしい。だったら薪として活用するのが正しいのではないかというのが暖炉や薪ストーブ関連の会社の主張するところである。

うちには、エアコンが無いので、真夏に停電になっても困らない。東京に住んでいるときは、エアコンなしでは、いられなかった。資源の無駄遣いをやめたいのなら、LOHAS的な発想で環境にやさしい生活をしたいなら東京から抜け出すのが一番の方法なのではないだろうか。

などなど考えつつ、読んでみたい本を紹介します。
雑誌「BE-PAL」に紹介されてました。
私自身が、いつ読むかは未定です(-。-;)。


愉しい非電化―エコライフ&スローライフのための Book 愉しい非電化―エコライフ&スローライフのための

著者:藤村 靖之
販売元:洋泉社
Amazon.co.jpで詳細を確認する



|

« ザスパ草津 あきらめない | トップページ | 坂本九と大塚愛 »

「エコロジー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/45769/3088344

この記事へのトラックバック一覧です: ガス vs 電気:

» 「なにわエコライフ」の参加者募集 [大阪ニュースブログ]
●「なにわエコライフ」の参加者募集大阪市では、地球温暖化防止対策事業の一環として、環境マネジメントの仕組みを家庭用にアレンジした環境家計簿を使用し、省エネルギーなどの環境にやさしい取り組みを行う「なにわエコライフ」の参加者を平成18年6月1日(木)から9月29日(金... [続きを読む]

受信: 2006年8月17日 (木) 17時45分

« ザスパ草津 あきらめない | トップページ | 坂本九と大塚愛 »