« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

2006年6月30日 (金)

大西社長様

群馬にプロチームをという夢を与えてくださいました。
そして、J昇格という夢を実現してくださいました。
さらにJ1昇格という大きな夢を与えてくださいました。
体調が良くないということは前から聞いておりました。
やり残したという思いもあったでしょう。
でも、後は私たちに任せて空のうえからゆっくりと観戦していてください。

心からご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月28日 (水)

ザスパ草津 ニュース

櫻田和樹選手、プロA契約に変更だって。

おめでとう~~~\(^o^)/

そして、もっともっともっともっと頑張れよ~~~~

身長167cmなんだって
ちっちぇーな。
でも、当たり負けすんなよ~。

応援してるぜ!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワールドカップ その後

イタリアが勝って喜んでたら
あ~、スペインが負けちった(T_T)。
ポルトガル頑張ってくれ~~~。

昨日のブラジル戦、ラインズマンは、オフサイドをちゃんと取らないとぉ。
ガーナがかわいそうだったよ。
でも、ラインズマンを巻くほどブラジルのスピードががすごかったってことでそれも実力なのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月27日 (火)

勝てないザスパ草津

勝てないねぇ。

♪あ~ああ、やんなっちゃった
♪あ~ああ、おどろかない!!

こんな事いっても誰もわからないか。
次節は、お休み?

違います。練習です。
ちょっとまえにロベルトカルロスがこんなことを言っていました。
「試合よりも練習のほうが緊張する。」
頂点に登りつめるためには、練習から既に闘いが始まっているのです。
練習のときから神経すり減らすまで集中していれば、試合中につまらないミスもしないのです。
ザスパの選手も温泉なんて入ってないで練習、がんばってください。

ところで、J1で戦力外通告されたベテランのディフェンスなんてどこかにいませんか?
温泉付きのクラブでのんびり引退を迎えるなんてどうですか?
求む!精神的な強さをもった経験豊富なベテランさん!!

話し変わりますが、WOWWOWでbrit awards 2006を観ています。
プリンスが出てました。 ギターを弾きまくってるのは、久しぶり。
やっぱり、かっこいいな。 ワウペダル踏みまくって。
でも案外背が小さいみたい。 ヒール履いたコーラスのお姉さんよりも明らかに小さかった。
プリンスもさることながらドラムのおねぇさんも超かっこうよかった。
なんであんなに上手いんだろか。
レニークラビッツのライブを武道館で見たときも、ドラムが女性だったんだけど、タイトでパワーがあってそのときは本当にぶったまげた。

ザスパ草津は勝てないし、日本代表は予選リーグ敗退だし、
外は、雨だし、こんな憂鬱な夜は、ロックンロールしかねぇな。

久しぶりにバンドやりたいな。 何かと金かかるけど。
その前に仲間見つけきゃ。

ジェームズブラントは、もう良いよ。
おなかいっぱい(*_*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月23日 (金)

ブラジルは、やっぱりブラジル

見事に負けちゃいましたね。
ビデオにってあるのですがきっとこのまま見ないでしょう。
もう終わったことだしね。
もっともっと大事なものがあるし。

さぁ~て集中!、集中!!
最後までしっかり守って、最後までしっかり走って
そして、勝つぞぉーーー!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月22日 (木)

ザスパ草津 やれやれ

うちらは、相手に合わせて戦術変えられるほど器用じゃないじゃん。
しかも、今期、大量に補強して自分たちのサッカーってものが固まってねぇんだからさ。
あれこれ考えずに、いつ何時でも3バックで全員でガッツリ守って、カウンターを狙ったほうが良いんじゃねぇの。
カウンター狙うってったってポ~ンってゴール前に蹴り上げるだけの攻撃じゃねぇよ。
低いボールでワン、ツー、スリーって繋いでシュートだ。
引き気味に、でも、全員が前を向いてプレス掛け捲ってれば、90分の間に1回くらいザスパらしいチャンスが絶対に来るだろうよ。
今まで何度も決定的なチャンスって言われるシーンがあったけど、所詮、決められなぇんだから決定的じゃないんだよ。
自分たちが決められる形でチャンスシーンを作らねぇと。

それとイエローだな。
いっつも誰かしらいねぇから自分たちの形が固まらねぇんだろうよ。
いくら良い形のヒントを掴んでも、次の試合に相方が変わってたら、そりゃ忘れちまうわな。

清く正しく正々堂々と自分たちのサッカーを貫き通して負ける方がよっぽど気持ちいぜ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月19日 (月)

ザスパ草津 vs 愛媛FC

遅ればせながらビデオで見ました。
とりあえず、勝ちましたね。

2得点目なんて、うちがイエローもらいながらのフリーキックでしょ。
なんだ不公平。。。

座り込んで駄々こねてイエローもらったり。
今回もイエロー3枚。
なんだかなぁ。後味悪いぞ。

試合後のインタビューで最下位脱出したなんて言ってたけど、
よく見りゃまだ、最下位じゃんかよ!!
あまいんじゃねぇ?
次の水戸戦、勝ったとしてもまだ物足りないでしょ。
鳥栖戦勝利まで行ってくれ!!

吉本が試合後、客席向かって中指立てたんだって。
子供たちが大勢いる前で中指立てるなんて
自分が何をやっているのか理解できない非常識なバカに2度とザスパのユニフォームを着させるな!!

大宮のスタッフが試合を見に来てたそうで。
島田・高木を連れ戻す気なのだろうか。
レンタルの契約の更新ってどうなってるんだろうね。
貸した側、借りた側どっちに有利なんだろう。
アパートの賃貸契約は、借りた側の方が有利らしいけど。
それより何より、二人がザスパ草津でプレーすることをどう思ってるんだろうか。
もっともっとチームを引っ張ってって欲しいぞ。

現在、勝ち点19で最下位

次節(第23節)は、水戸ホーリーホック
6/21(水) 19:00 KickOff @ 笠松陸上競技場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月18日 (日)

サイクルツアー応援隊

実は、「サイクルツアー応援隊」というボランティアに参加していまして、今日は、その活動の一環でサイクリングに行ってきました。秋に県が「サイクリングフェア」を開催するのですが、そのときに行われる県民サイクリングの下見のためでした。

集合場所の伊勢崎市民の森まで、約30km。そこから広瀬川を下って、島崎の渡しで、船に乗って利根川を渡りました。増水していたので、なかなかワイルドな船旅となりました。
坂東大橋から市民の森まで戻って解散の予定だったのですが、雨が強くなって坂東大橋で解散になってしまいました。仕方なく、利根川を県庁まで上り、大渡町のラーメン屋(店名は、来華だったかな?)でお昼を食べて、群馬町の自宅へと戻りました。

FM群馬が取材にきてて、織田亜希子アナウンサーも参加。ラジオで聞いているときは元気いっぱいキャラかと思ってたんだけど、以外や以外、きれいなお姉さんでした。
かわいかったなぁ

走行距離81Km。
無駄に体力を消耗するサイクリングでした。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2006年6月15日 (木)

日本逆転のチャンスが。。。

ひねりつぶされてました。
オーストラリア戦、やっぱり誤審があったよ。
主審が試合中に豪州選手に誤っちゃってた場面じゃなくて。
FIFAもみとめる大誤審だ。

詳しくは、共同通信社のニュースをご覧ください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

どうした?トルシエ

最近、やたらトルシエ元代表監督がテレビに出てくるようになった。
もしかして、来期、代表監督復帰?
ま、それもアリかな。
まだ、気が早い???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月14日 (水)

なんて読む?

重複

なんて読みますか。
4年ほど前、会社の同僚と2人で、「みんな間違ってるよね。」って話をしました。
結局、その後も正しい読み方をする人は、その同僚以外に現れず。。。
つい先日も、50過ぎた取引先のおじさんが間違った読み方をされていた。

「『じゅうふく』ではありません。『ちょうふく』ですよ。」とは、さすがに言えなかった。

私も含め、大人は、小学生に英語を教える前にまず日本語。
もう一度、しっかり勉強しましょうよ。

小学校のときは、漢字や国語が大の苦ってだった私。
中学、高校のときは、欧米文化にあこがれて英語ばっかり勉強していました。
かつては、外国人の友達もいましたが、いい加減、彼らと話すのも飽きてしまいました。
だって彼らの頭の中は、「Yes」と「No」しかないんだもん。
わかりやすいけど単調でつまらなくなっちゃった。
そして、今は、日本語の中に隠れている日本人の心に魅了されています。
絵画などの芸術作品の良し悪しに一概に白黒つけられないのと同じように、十人十色な曖昧さを持つ日本の文化は、とても芸術的なのではないのかなと思います。

今日は、mtbikerさん の記事にトラバさせてもらいました。
ここで紹介されている「国家の品格」という本にも日本語を勉強することの大切さが書かれています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

WCup vs オーストラリア

1失点目の直前のFKの後、川口がニヤっと笑ってましたね。
そこで油断が生れましたね。
ディフェンスが2人もついていたのだから、川口が前に出る必要なんて全然なかったもんね。
ボールが来るところがわかってたから「取っちまおう。」って調子に乗っちゃったのかね。
悪い癖が出たよ。

攻撃でペナルティーエリア付近でパスを出す先を探しているようなシーンが何度もあった。
みんな、遠慮しあってた。どんどん撃っちゃえば良かったのに。
サントスは、ボールを前に持って行ってくれるのはとっても良いんだけど、相変わらずボールを離すのが遅いね。

日本に中盤でボールを回させてもラストパスを出させないってヒディング監督の作戦だったのかな。

日本の得点シーンについて誤審疑惑もあるそうで。
でも、柳沢は、つっ立ってただけだし、高原は、キーバーがボールを取り損ねた後に接触してたし、悪質でもないし。どっちも問題ないじゃんね。
しかも、試合中に誤っちゃうなんて、その場で主審がレッドカードじゃん。
サッカーは、主審が絶対だって事忘れたかね。たとえ誤審だと思っても最後の最後まで貫き通さないと試合が成り立たないよ。

それより、終了間際に相手のペナルティーエリア内で福西駒野が足かけられたほうが間違いなくファウルだったと思うよ。その判定は、間違いなく結果に影響してたろうね。

WCupまで審判に泣かされるなんて。。。

韓国が勝ってよかった♪

--- 以下、朝日新聞サイトより抜粋 ---
AFP時事などによるとシュウォーツァーは「主審があの判定はミスだった、と認めた。あのゴールの5分後、主審に『どういうことなんだ』と聞いたら『すまない。あれは間違いだった』と言っていた」と話した。仮に主審が正式に誤審を認めても日本の得点が取り消されることはないが、主審は試合後、豪州のビドゥカ主将にも「あの判定が結果に影響しなくてよかった」といったという。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月11日 (日)

ザスパ草津 対横浜

負けましたね。
横浜は、監督も選手も一様に試合後のインタービューで調子が悪かったと言ってます。
おかげで1失点に抑えられたってこと?

WorldCupの試合を見てますが、やっぱりシュートを外して笑ってる選手なんていない。
アシストした選手に拍手をするまでは、一緒だけど。
どうすれば良かったのかとか、次どうするかを考えてるように思う。
笑う理由もなければそんな暇もないのでしょう。

ザスパ選手も一瞬たりとも気を抜かずに頭をフル回転して走りまくってくれ。

現在、勝ち点16で最下位。

次節(22節)は、愛媛FC
6/17 14:00  KickOff @ 敷島

勝てるきがしねぇ。。。

そんな時は、
♪胸を張って前に進め勝利信じ草津戦え~♪

泣けてくる(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月10日 (土)

ザスパ草津 ダサッ!

遅ればせながら札幌戦、ビデオで見ました。

ダサイ。
1点取ったまでは良かったのに。
押されたり、点を取られたりしたのは、札幌がいい動きをしたからじゃなかった。
ウチの集中力が切れるとボールを支配されるという図式で
すべてウチ次第って感じだった。
オウンゴールがあったから引き分けで終われたけど、これは、やっぱり負け試合。

たとえ札幌に勝ってたとしても、サポのヴェルディー戦の怒りは収まらないってのに
なんでシュートはずしてニコニコしてるのかがわからない。

何をどうすれば良いとかって事じゃなく、
できること、できないこと、思いつくことは最後の最後まで何でもやってください。
そして、失点0、カード0の試合をしてください。

現在、勝ち点16で13位。

次節(21節)は、横浜FC
6月10日14:00KickOff@三ツ沢球技場

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月 3日 (土)

ザスパ草津 ダメダメ

見てきました。
お恥ずかしながら今期初スタジアムです。

う~ん。
って感じですね。
Kickoff をリプレイのように何度も何度も見せられる試合でした。

力の差が歴然でしたね。
名門としての誇りを忘れないチームと
忠治ばりの田舎ヤクザチームとの戦いといった感じ。
いいかげんキレるのは止めて欲しい。

選手同士のコミュニケーションが足りないんじゃない?
代表の試合を見ていても、シュートを打った後やいろいろな場面で
ポジションを確認したりしあっているシーンを良く見ます。
ザスパ草津には、そういうシーンが見受けれられません。

そして、島田。
後半のラストのほうで、左から誰かがボールを持って上がって
ペナルティーエリアの少し手前でシュートを打ったとき、
シュートを打った瞬間に右にいた島田が足を止めて
「なんでこっちにパス出さないんだ」とキレていた。
ファーサイドを狙ったシュートは、キーパーにはじかれてゴールラインを割って行った。
「てめぇ何で走ってねぇんだよ。ぶつくさ言ってんじゃねぇよ!」って思ってたら、
その後、コーナーをける時にも、まだふてくされてやがった。
勝てもしないのになんでこいつは、こんな調子に乗ってんだろうね。

チカが積極的にゴール前まであがっているのが好印象。
チカは、ハートを感じます。
これからも頑張って欲しい。

試合後、本当に悔しそうにしているように見えました。
それでもサポは、ブーイングをします。
決して気持ちのいいものではないですが、それでもブーイングしなければならないのです。
選手には、それを乗り越えて欲しい。

そして、試合後、大人サポがブーイングしまくっているとき、一人のキッズサポが必死にブーイングを制止しようと「だまれ、だまれ、ストップ、ストップ」と叫んでいました。
子供が沢山いるところでのブーイングは、教育的に良くないし、複雑な気持ちになりました。彼の気持ちが選手に届いて欲しい。
選手たちよ、彼の気持ちのお礼に勝ち点をプレゼントしてあげてくれ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »